FXっていうのは実は簡単な取引

FXは株よりもリスクが高いと思っていましたが、実際に利用してみると株よりも簡単だなと感じることもあります。
FXは簡単には「外国為替証拠金取引」と呼ばれていて、二国間通貨の価値の違いを利用した取引方法です。
難しくいってもよく分からないと思うので簡単に説明します。

日本には円があって、アメリカにはドルがあります。
それぞれの国にはそれぞれの国が決めて発行した通貨があります。
しかし、貿易等で取引をする場合にその国ごとでバラバラの基準の価値を持っていては取引が出来なくなります。
簡単に説明すれば「1ドルは何円分の価値がある」と決める必要があるわけです。

そして価値つまり価格ですがそれは日々変わっているわけです。
昔は価値が変わらずに一定の価格として取引されていましたが、今は毎日、もっと言えば毎秒変わっています。
その変化が一定でないからこそFXと呼ばれる取引方法が可能になったわけです。

現時点でも価格と数秒後の価格が違うとすれば、今の時点で1ドルが100円で交換できたとしても数秒後には95円になっているかもしれません。
逆に110円になっているかもしれません。
こうやって刻々と変化し続ける為替の価格を利用して利益を出す仕組みがFXです。

仕組みを説明します。

「1ドル=100円」の時に100ドル購入すると1万円かかります。
もっと言えば1万円分の価値があるわけです。
それが「1ドル=110円」になったとしたらどうなるでしょうか。
手元にある100ドルを交換すると1万1千円になることが分かりますか。

このようにして1千円分価値が増えて手元に残ったわけです。
これがFXで利益を出す仕組みです。
もちろん勘が良い人が分かると思いますが、「1ドル=90円」になると手元には9000円分にしかならず、1千円損をすることになります。

為替価格は確実に予想することは出来ませんが、それでもうまくその変化を利用すれば利益を出すことが出来ます。
結局は「上がるか、下がるか」を予想して取引するのがFXですからそのことが分かればそれだけでも十分利益を出す可能性があるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>