FXのストラテジ選びと注意点

最近では、色々なFXの業者が自動売買をアピールするようになってきたと思います。
自動売買とは、まさにその名前の通り自動的に売買を行ってくれるシステムです。一定のルールに基づいて、機械的にFXの取引を行ってくれる訳ですね。
そして自動売買は、ストラテジと呼ばれるものを選ぶ事になります。ストラテジAやBやCなどと色々とあり、その中から自分に一番合っていると思われるものを選ぶ訳です。
各ストラテジには、過去の成績があります。ストラテジAは利益率120%で、Bは140%でCは200%などの具合です。自動売買に慣れない内は、この過去の成績によって最適なストラテジを選ぶ事になるでしょう。
ところで上記の利益率だけを見ると、Cが最も良さそうに見えます。しかし利益率だけでストラテジを判断するのは危険です。
例えばCは円安に強く円高に弱い売買ルールを採用しているとします。そしてBは円安でも円高でもバランス良く売買をするタイプだとします。このような場合、過去の利益率が「たまたま円安が続いたので成績が良かった」というケースもあり得るのです。
リーマンショックの直前期が、その一例です。あのショック前は、数年間は円安ムードでしたね。であれば円安に強いCは、最もパフォーマンスが良くなるでしょう。
ところがリーマンショックが起きると、どうでしょうか。Cの成績が一気に悪くなる可能性があるのです。なぜならCは円安には強いですが、円高には弱いからです。そしてBの方が成績が良くなるかもしれません。
つまり「過去の利益率は未来も保証するものでは無い」訳です。あくまでも過去のデータを参照しているだけであり、それが未来にも当てはまるとは限りません。自動売買の利益率は参考にはなりますが、それを過信しすぎないようにするのが大事だと思います。ストラテジ選びは、慎重に行いたいものです。
ただし中には、とてもパフォーマンスが良いストラテジがあるのも事実です。よくよく探してみれば、良いストラテジが見つかるかもしれません。それを見つけるのが、FXの自動売買では大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>