月別アーカイブ: 2014年12月

FXと証拠金

FX取引を始めるにあたって必要になるのが資金ですが、FXの場合はこの資金のことを証拠金、保証金などと呼びます。

FX取引を行うために必要な預入が必須になるわけですが、最初はそのFX業者の講座を開設して入金するところから始まります、普通預金口座を作ってその口座のお金をFX口座へ振り替えながら使っていくのがよくあるやり方です。

その証拠金ですが、FXの場合は実際の資金以上の取引を行うことができるレバレッジという制度があります、そのためFX取引では少ない資金でも大きな取引が可能になっています、このことが個人投資家を増やす要因になっています、株などの場合はもともと最初から大量の資金が必要ですからそうそう初心者は手を出すことができませんが、FXはレバレッジのおかげで少ない資金でも大きな取引が可能なわけです。

レバレッジを活用することで、例えば証拠金が100万円だったとしても、レバレッジ10を設定すれば、1000万円分の取引が可能になるというわけです。

この証拠金はFXの取引業者によって必要となる証拠金額が違います、必要となる証拠金の額は1万通過あたりいくらというように取引する業者によって違っています、それを必要証拠金と呼びます、必要証拠金に満たない場合はその業者での取引はできないということになりますのでまずはそこを抑えてFX業者を選ぶといいでしょう。

FX取引を始めるうえで一番大事なのは、資金の出処です、基本的にFXを行う場合は借金などで得た資金ではできなことになっています、最初の確認時にそういった文書を必ず読むことになりますので、そこで嘘はつかないことです、借金を重ねてFX取引などを行い、大きな損失にでもなればまさに死活問題となってしまいます、手元にあり、特に使う目的のない余裕資金がある場合だけにしておくべきです。

FXは元本保証ではないことと、下手をすれば大きな損失をこうむるという点をしっかりと把握しながらうまく運用することが大事なのです。