月別アーカイブ: 2014年6月

FXっていうのは実は簡単な取引

FXは株よりもリスクが高いと思っていましたが、実際に利用してみると株よりも簡単だなと感じることもあります。
FXは簡単には「外国為替証拠金取引」と呼ばれていて、二国間通貨の価値の違いを利用した取引方法です。
難しくいってもよく分からないと思うので簡単に説明します。

日本には円があって、アメリカにはドルがあります。
それぞれの国にはそれぞれの国が決めて発行した通貨があります。
しかし、貿易等で取引をする場合にその国ごとでバラバラの基準の価値を持っていては取引が出来なくなります。
簡単に説明すれば「1ドルは何円分の価値がある」と決める必要があるわけです。

そして価値つまり価格ですがそれは日々変わっているわけです。
昔は価値が変わらずに一定の価格として取引されていましたが、今は毎日、もっと言えば毎秒変わっています。
その変化が一定でないからこそFXと呼ばれる取引方法が可能になったわけです。

現時点でも価格と数秒後の価格が違うとすれば、今の時点で1ドルが100円で交換できたとしても数秒後には95円になっているかもしれません。
逆に110円になっているかもしれません。
こうやって刻々と変化し続ける為替の価格を利用して利益を出す仕組みがFXです。

仕組みを説明します。

「1ドル=100円」の時に100ドル購入すると1万円かかります。
もっと言えば1万円分の価値があるわけです。
それが「1ドル=110円」になったとしたらどうなるでしょうか。
手元にある100ドルを交換すると1万1千円になることが分かりますか。

このようにして1千円分価値が増えて手元に残ったわけです。
これがFXで利益を出す仕組みです。
もちろん勘が良い人が分かると思いますが、「1ドル=90円」になると手元には9000円分にしかならず、1千円損をすることになります。

為替価格は確実に予想することは出来ませんが、それでもうまくその変化を利用すれば利益を出すことが出来ます。
結局は「上がるか、下がるか」を予想して取引するのがFXですからそのことが分かればそれだけでも十分利益を出す可能性があるということです。

FXの取引頻度を減らして利益率が向上

私はFXの取引を始めてから、すでに数年が経過しています。その数年の取引により、色々な変化が生じました。数年前に比べると、利益率もだいぶ上がってきたと思います。
利益率が上がった原因は色々あるのですが、その中の1つは取引頻度です。昔に比べると、私の取引頻度は激減したと思います。
私がFXを始めたばかりの頃は、とにかくポジションを頻繁に持っていました。常にポジションを持っていないと落ち着かない状態だったのです。ポジションを持たないと、何となく「もったいない」ような気持ちになっていたものです。日によっては、1日10回程度取引をしていた事もあります。とにかく常に取引をしていないと、心理的に落ち着かない状況だったからです。
ではそのやり方で利益が発生したのかというと、赤字でした。場合によっては、かなり大きな損失額が生じてしまった事もあります。
何度も失敗を重ねて、ある時に私は「さすがに、このままではいけない」と思うようになりました。そしてある時に、取引頻度を減らしてみるべきとの意見を耳にしました。むやみに取引をするのではなく、本当に利益が発生しそうなタイミングのみで取引するべきという話を聞いたのです。それを聞いた私は、目からうろこが落ちた覚えがありました。思い当たるフシがあったからです。
そして私は、FXの取引頻度を大きく減らしました。時には数週間全く取引をしないようなケースもありました。あくまでも利益が得られる確信が持てる時のみ、取引を行うようにしたのです。
そのやり方に変えてから、私の利益率は確かに上がりました。今までは無駄な取引によって損失が発生していましたが、それが無くなった事で利益率が高まった訳です。
このような事例がありますので、FXではあまり取引をしすぎないようにするのが肝心だと思います。取引をしてマイナスになる位でしたら、むしろ取引をしない方が良いからです。
もしも「マイナスが続いているな」と感じているようでしたら、ちょっと取引頻度を見直す事などは大事だと思います。

FXがおすすめな理由

投資に興味はあるけれど、FXというと全財産失っただとか、それどころか借金モチになってしまっただとかの話をよく聞いて、まるでギャンブルのようで怖いと思って手が出させないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしそんな方の中で、それほど利益はないかもしれないけれど、銀行での外貨預金なら安心そうだからそちらにしておこうと、お金を預けている方がいるのでしたら、FXは再考の余地がありです。
銀行の外貨預金より、場合によってはFXの方が安心になれる法整備が進んだからです。
まずものすごい借金持ちになってしまったというのは、数年前までは【リバレッジ】という、元金の何倍かまで取引金額を利用できるという仕組みが異なっていたからです。
個人でも200倍、250倍まで取引できるというシステムが多く、その分借金も200倍以上になる可能性が高いというものでした。現在は法規制により、25倍までの取引しか出来ません。
ただし、これも場合によっては元金の25倍ぐらいの借金になる可能性もありうることです。
そんな方には初心者向けの1倍でしか取引できないというシステムを、用意している会社もあります。
その1倍取引でしたら、外貨預金よりはずっと利率よく、お金を預けることが出来ます。
次に倒産の危険性ですが、こちらも法整備により、安全性が随分と高まりました。
銀行の外貨預金なのですが、こちらは保護されるべきお金ではないので、万が一銀行が倒産という場合、たとえ1000万円以内でもまったく返ってきません。
それに対しFXの場合、現在は信託保全というものが義務付けられており、FX業者は資金を銀行などに預託しなくてはいけなくなっており、万が一の倒産時にも、お金がまったく返ってこないという心配はなくなっています。
脱税というダークなイメージも、初期のFXにはありましたが、現在は取引内容を全て税務署が把握しているので、脱税も不可能となっています。

シンプルな手法がFXで利益を生むことも

FXで利益を生み出すための方法は、インターネットでの媒体で色々公開されているものです。ブログなどで効率的な投資方法などが、大きくアピールされているケースもとても多いです。中にはFXに関係する情報商材などもあるのですが。
ところでそれらの情報を色々と見てみますと、たまに「シンプルなのが最も良い」という点が強調されている場合があります。すなわちシンプルイズベストと強調されているケースがあるのです。
例えばレバレッジを1倍にして、利益発生までひたすら待つ方法があります。自己資金は100万円だとしましょう。
ある時の為替レートが1ユーロ80円だったとします。その1ユーロ80円のタイミングで、1万ユーロの買い注文をしたとします。そしてロスカット水準は20%だとしましょう。
そして、上記のポジション以外は持ちません。あくまでも1万ユーロだけのポジションを1つだけ持ち、2つも3つも持ちません。そして1ユーロ81円になるまで、ひたすら待つという方法があります。
ところでユーロの価格が下がってしまい、1ユーロ75円まで下がってしまったとしましょう。多くの方々は、「75円は下がりすぎ」なので損切りを行うものです。
ところが敢えてそこで損切りを行わずに、ひたすら待つ方法があるのです。上記の例では、ユーロの価格がゼロ円にならない限りはロスカットは発動されません。ロスカット水準が20%なので、損失額が80万円にならない限りはロスカットにならないのです。ですのでユーロの為替レートが1ユーロゼロ円にならない限りは、強制損切りが発動されない訳です。であれば損切りを行わずに、ひたすら待つという手法もある訳です。
そのやり方は、非常にシンプルなものです。ある意味外貨預金にも似ている一面があるのですが。
しかしそのシンプルな方法で、利益を生み出しているトレーダーの方はいらっしゃるそうです。シンプルイズベストとは、そういう事です。
そのようなシンプルな手法の方が、案外と利益を生み出してくれるものなのかもしれません。