レバレッジはリスク管理できる分だけ効かせる

FXは最近若い年代の人を中心に人気を集めている投資方法ですが、FXの人気の理由にレバレッジがあると思います。

レバレッジは25倍まで自分の資金を証拠金として利用して、利益を増やしていくものですが、つまりレバレッジがあれば小さな元手であっても大きな利益は得られる可能性があるということです。

レバレッジのその魅力があるからこそ、あまり資金をかけられない若者にも重宝されているのです。

けれど、レバレッジにとって困るのは損がでてしまったことです。

レバレッジが大きければ利益も損も大きくなる仕組みはギャンブルの要素があるかもしれませんが、FXは市場の思惑などもあるのでその流れにのっていければ利益拡大につながります。

なのでレバレッジを大きくした場合、ロスカットが心配なのでデイトレードやスキャルピングに徹する人が多いようです。

パソコンから目を離して眠っているあいだには、大きな市場の下落があるかもしれません。

そのためレバレッジをかけた場合は、比較的短期間のトレードのほうがリスクを管理しやすいといえるようです。

レバレッジの良いところを生かすためには、デイトレードやスキャルトレードがいいのですが、なるべくスプレッド差がない取引通貨を選ぶこともとても大切です。

スプレッド差が大きいと最初からマイナススタートなので損の場合取り戻すのが大変になります。

なので、ドル円やユーロ円などが大体の平均でスプレッド差が小さいようです。

レバレッジをきかせることは短期間で短時間で利益をこつこつあげていくことが重要です。

五分足や十分足でポジションの取り方を決めるだけでなく、逆張りも入れていかないと成果が大きく見込めないかもしれません。

だからこそチャートの出方には慎重になって見極めないといけませんし、レバレッジを最大まできかせるときには特に大切になります。

レバレッジを大きくしすぎてロスカットされないように、レバレッジは5倍前後が理想といえますが、それでもFXに絶対はありません。

余裕資金もあるうえでおこなうことが精神的にもよいと思いますし、リスク管理には大切なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>