海外FXのすすめ

海外FX(外国為替証拠金取引)はまじめに考えて遊べば楽しく健全な遊びかも知れません。
特に1分位のスパンで売買をするスキャルピングと呼ばれる手法は楽しい「遊び」だと思います。

一般的にスキャルピングとは短いスパンでの短期売買を繰り返して利益を積み重ねていく手法です。
やり方としては自分で決めた時間をPCの前に張り付いて、利益がでたら利益確定、損がでたら損益確定して次々に売買を繰り返し資産を増やしていく手法です。
勝つか、負けるかだから確立は五分五分です。しかし統計学的な見解をすれば基本的に最後は必ずかけている人が負けるそうです。つまり、取引仲介会社が利益を得るということです。

なので、最初に海外FXは「遊び」だと書きました。
もちろんしっかりとした理論に基づき年間の利益を上げている個人の方も多数いると思われます。企業に関しては利益を上げることが仕事になっている人もいるでしょう。
ただ入門者に関して言えばすぐに利益を上げることは難しいと思います。
この記事を書いている私も記事を書きながら1分足のチャートを見ながら書いています。
そして私も書きながら売買をしていますが、書いている間に100円の損益がでました。かなり悔しいのですがただ、100円なのです。お金を失うことは嫌だし出来れば増やしたいですし増やす為にやっているつもりです。ゲームでは味わえない興奮が現金という現実によってもたらされます。

私は外為どっとコムという業者を使っているのですが、4,200円で1,000ドルの勝負が出来ます。実際には4,200円ではすぐに損益確定で締め出されてしまうので7,000円口座に入れています。そして1,000ドルの勝負を1分足を見ながらしています。
勝つときでもほんとに少ないです。20円や良くて100円位です。その利益が1日に数回重なれば資産は増えますがうまくはいきません。
お分かりのとおり、この記事を書いている最中にも50円の負けが3回くらいあって、少し前に100円の負けがあってと繰り返していると500円くらいになってしまったということです。
ただ午前中に500円くらいは買っていたので本日はチャラです。分かるでしょうか?結局は負けるのです。
取引の回数を増やせば増やすほどトータルでは負けになるようです。

ここからは考え方の問題です。まじめに投資をするならばものすごく勉強しないと勝てません。でも遊びと捉えればゲームセンターのコインゲームと同じです。FXも同じです。
大きくかけなければ遊びなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>